1Q2Q3Q4Qtotal
九州大066012
福岡大0014721

 

■■スタッツ■■

九州大福岡大
301yds獲得ヤード354yds
8獲得シリーズ8
16(0)獲得フレッシュ18(2)
ラッシング
249yds/41yard/回274yds/35
6.07yds平均7.83yds
パッシング
6/12COMP/ATT8/18
50.0%成功率44.4%
52yds/6yard/回80yds/8
パントリターン
11yds/2(5.5)yard/回(平均)0yd/0(0)
キックオフリターン
61yds/4(15.3)yard/回(平均)45yds/3(15.0)
0ファンブル1
0リカバー1
1インターセプト0
50yds/7反則 yard/回10yds/1

【福大戦戦評】
九大は前半のランプレーで力を発揮したものの、後半は着実に修正した福大オフェンスの前に九大ディフェンスが持ちこたえられず、逆転負けを喫した。
第1Q、72ヤードから攻撃を開始した九大は、RB松田(3)のランによるファーストダウン獲得を皮切りに、3回連続で1stダウンを獲得する。その後、右サイドを突いたRB荒木(3)のランでTDかと思われたが、九大のイリーガルフォーメーションの反則でフイに。続くプレーでも1stダウンを獲得するものの、ボールをファンブルし大きくロスしてしまう。4thダウンでFGを狙うが失敗し、ファーストシリーズを終える。
続く福大の攻撃は、2度のQBランで九大DFは大きな前進を許す。第2Qに入ると福大の好パントで九大OFは自陣1ヤードからの攻撃。エンドゾーンを背負わされたが、ランに加えてQB坂本(3)からWR田中(3)へのロングパスの成功で大きく前進する。ゴールまで残り55ヤードまでボールを進め、ホールディングで罰退しながらもQB八木(2)や、荒木、RB後藤(3)のランで粘り強く7回のファーストダウンを更新。ゴールまで残り1ヤードに迫る。ここでFB吉浪(3)が中央のランで飛び込み先制TD。TFPはスナップが乱れて失敗(九大6-福大0)。
続く福大の攻撃は、またもQBのランで九大DFが大きく後退させられ、残り約30ヤード。福大は4thダウンギャンブルが成功したものの、続く2度のパスをDB高崎(3)と松本(2)が防ぐ。前半終了ま30秒、4thダウンで福大はFGを狙うが失敗し、ここで前半が終了。
後半は九大ディフェンスで始まる。LBに入った松田が好タックルで福大のランを止め、LB杉山(4)のQBサックが決まり、福大を大きくロスさせる。初スターターとなった1年生のDB神崎のタックルで福大OFをパントに追い込む。九大OFは、松田のランで大きく前進するが、後が続かない。続く福大の攻撃はミドルパスとQBのランを効果的に織り交ぜ、テンポ良くTDを奪う(福大7-九大6)。
流れを戻したい九大だったが、続くOFでは追い打ちをかけられるように福大にインターセプトを許してしまう。続く福大OFは3度のファーストダウン獲得からTDランで追加点を挙げる(福大14-九大6)。直後の九大の攻撃は、タックルを振り切ったRB松田の59ヤードの独走TDランで追いすがる。2ポイントコンバージョンのランは失敗し、同点にはならず(福大14-九大12) 。
第4Qに入ると九大DFのパーソナルファウルの反則などで福大に前進を許し、福大は残り19ヤード。QBのTDランでまたも突き放す(福大21-九大12)。
この後、九大は2度の攻撃シリーズを得点には結び付けることができず、試合終了となった.