初心者を経験する価値

宇野晴喜 WR 工学部

 

 高校ではずっとサッカー部にいました。そこには、中学時代は陸上をしていてサッカー部経験がないところから入部した同級生がいたんです。まわりのサッカー経験者とはかなりの実力差がある中で、彼が練習中も必死に走り、土日の練習後にひとりで居残り練習をする姿を見て、そのときはシンプルに「あいつの努力量はすごい」と思ってました。その一方で、僕自身は1年生の序盤でトップチームのスタメンで試合に出ていました。それは小学校、中学校の時も同じでした。僕自身、決して能力が高いとは思わなかったのですが、正直、これまでのサッカー人生で「スタメンを勝ち取るために必死で練習してチームメートを追い越す」という経験がありませんでした。
 予備校生の時に自分の人生について深く考えることありました。その中で、“サッカー初心者”の彼にも思い至りました。
 「あいつのがむしゃらな努力は、チームメートとは違って最初は初心者だったからこそ生まれたんじゃないか。『初心者』というものを経験することが、自分の人生にとって大きなプラスになるんじゃないか……」
 大学では新しいスポーツを始めようと決めました。サッカーを続けるという選択肢もありました。でもその選択だと、その後の僕の大学生活の記憶は「楽しかった」という単純な思い出というか、感想で終わってしまうような気もしていました。
 そして九大に入学して参加したアメフト部のイベント。「この部ではほとんどの人が入部時点では初心者だよ」と聞きました。僕と話してくれた先輩は、体がデカくて、強そうで、それでいて優しかった。一言で言うと、完全に惚れました。「ここだ」と思えました。
 練習では覚えることが多くて、まだまだ僕は初心者です。だけど、この秋にはWRで活躍したい。今僕が置かれているのは、サッカー初心者だったあの同級生に近い状況です。ここでどこまで必死になれるか。それが、僕の人生にとってプラスになるかどうかにつながるんだと思っています。

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar

-LINK-

%e4%b9%9d%e5%a4%a7

renmei%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc