「しんどかった。でも、楽しかった!」
 私にとってPALOOKASで過ごした4年間はそんな時間でした。一つ一つの記憶をたどれば、苦しく辛い記憶の方が圧倒的に多いかもしれません。しかし、私は有意義で幸せな時間を過ごしたと胸を張って言えます。
 私が入部したのは入学して間もなく、1年上の先輩方からの勧誘がきっかけでした。アメフトのルールも何も知りませんでしたが、勝ちにこだわり、熱心に魅力を語る先輩がキラキラ見えたことが決め手でした。マネージャーが“お飾り”ではなく、1つのポジションだと感じられたことも魅力でした。
 しかし入って最初の1、2年間は「なぜ自分はこんなにもできないんだろう」とどんよりした気持ちで毎日グラウンドに立っていました。テーピングもスカウティングもうまくできず、ミスをしないだろうかといつも緊張しながら仕事をしていたのを思い出します。
 3年生からチーム運営に携わるようになり、4年生ではチーフマネージャーを任され、チーム運営を大きく変えるチーム方針の中でチャレンジしました。選手個々の負担を極力減らし、プレーに集中できる環境に作り替えることが目標でした。そのために心がけていたことは、私個人ではなく、マネージャーというユニットで成果を出すということです。誰でも同質の仕事ができるよう、情報共有やノウハウを蓄積するようにしていました。誰かが引退したらできなくなるユニットでは意味がなく、代が替わるごとに引継いで毎年アップデートしてほしかったからです。また、選手からの要望に対しては、できる限り相手の立場で考え、全部は実現できなくとも、どんな方法で、どこまでならできるか、最善策を模索しました。
 しんどかったと感じたのは、自分自身と正面から向き合わなければならなかったからだと思います。苦手とすることを認め、仲間の助けを借りながら克服する、得意なことを最大限発揮する。それらがチームに還元されたと感じられたことで、やっと自分はチームの一員であると自信を持てるようになりました。
 大学卒業後、私は東京でシステムエンジニアとして勤務した後、Uターン転職で九州に戻りました。この春から、ヤフー株式会社でYahoo!ニュースのシステム開発を担当しています。プロジェクトの中には、編集、企画、デザイナー、エンジニアと様々な職種が存在します。みなそれぞれの立場で、どのようにニュースを届けるのがユーザーにとってベストかを考えているので、相手の立場を理解・尊重しつつ、プロジェクトとしてどうあるべきかを検討するようにしています。相手や事象を理解しながら、チームの目標達成に向けてベストパフォーマンスを発揮する、これはPALOOKASでの経験が活きています。
 学生時代と変わったことは、やりたいと思ったことにすぐ挑戦するようになったことです。転職もそのうちの1つです。学生時代は、部活だけに没頭していましたが、その分時間の有用性を知っているのだと思います。社会人1社目では対企業の仕事をしていましたが、もっとユーザーの反応を近くに感じながら仕事をしたいと考え転職しました。現在担当しているYahoo!ニュースは私自身もユーザーであり、周囲の人々にも「よくお世話になっているよ」と言っていただきます。多くの人の生活の一部となっているサービスに携われていることにやりがいと責任を感じています。現職においては、まだまだ未知のことも多い新参者。PALOOKAS時代にそうしたように、自分と向き合いながら、プロジェクトの一員であると自信を持って言えるように、精進していきます。 PALOOKASでの4年間は今の私の幹となっています。こんな貴重な時間を過ごせたことにとても感謝しています。現役部員のみなさん、そしてこれからPALOOKASに入部する未来の選手・スタッフの皆さんにも、充実した時間を過ごして欲しいと心から願っています。