toumei

 戦術を統括するヘッドコーチに、2016年ディフェンスコーディネーターの深川匠コーチ(関西学院大)が就任しました。就任ミーティングで、深川ヘッドが部員にその理念を語りました。

toumei

 

 今年はパルーカスの改革元年だと思ってほしい。強くなるためには遠回りだと思う道もたくさんあるかもしれない。だけど今年4年生が中心になって学生主体でやると決めたことは、刻み込まれたように今後のチームに残っていくと思う。何年たっても「あの代が変えたんだ」と記憶されると思う。だから我慢して、1年間チームを作り上げてほしい。

 

 その中で甲子園ボウルを目指す。最後の試合が終わったときに、やっとの思いで長い安堵の息がつけるシーズンになれたらいいなと思う。それまでは気が張って張りまくって、これ以上しんどいことはないっていうくらい取り組んでほしい。それはマネージャーも選手も関係なく。

 

 みんなは何年かしたら会社に入っていろんな仕事をして、いろんな人に出会うわけよね。だけど、タックルとかアメフトで培った技術は何一つ使うことはない。社会人になって一番使うのは、大学4年間で学んだ人間関係とか、チームの作り方とか、自分をちょっと犠牲にしてまわりを盛り上げることなのよ。僕も関西学院大でいい経験をさせてもらったと思っているけど、アメフトで死ぬほど楽しい経験をすることは、卒業してから絶対にプラスになるから。

 僕が九州大学のコーチをする上で、何一つ適当でやりたくもないし、本気で甲子園目指してやるから。その過程には勝ち負けよりも大事なことがたくさんあって、アメフトだけが強いチームだと、入部したことを後悔するから。卒業しても何もできない人にはなってほしくはない。

 強さだけを作るチームじゃないってことをわかってほしいし、アメフト以外での成長が実は急がば回れで甲子園への一番の近道につながる。勝つことに一番近い。そこを豊かにすることが甲子園へ一番近いということは間違いない。そこを信じてやっていこう。