今月の1枚


 第4戦、西南学院大に敗れて2敗となり、九州リーグでの優勝が消滅した瞬間でした。誰もがずぶ濡れになる大雨のフィールドで、この1年間の結果をダイレクトに突きつけられました。

 結果を求めるチームとしては、優勝できなかったという事実が全てです。ただ、今期に育ってきた確かな芽も見えてきました。これを来期にどう生かすか。3勝2敗の同率2位という場所からのスタートになります。まずは今のチームのあり方を見つめるところから始まることになりそうです。1年間のどんなビジョンを描き、そこに各自がどんな役割を求めるのか。

 雨と涙で濡れるこの瞬間に抱いた思いを、どこまで失わずに過ごせるか。また新たなスタートが始まります。